あまかわアーカイブ

マルチリード楽器芸人/バスクラリネット奏者/まちシステムエンジニア
ご来場いただきありがとうございます。
楽器関係は「音楽」カテゴリにまとめています。
まちシステムエンジニア関係は「まちSE」カテゴリにまとめています。
白川町関連の記事は「白川町」カテゴリにまとめています。

バスクラのソロ曲と多重録音の曲をそれぞれ収録しました。

バリチュー4重奏「きよしこの夜」を地球のバスクラリネット4本で吹いてみた -"Silent Night" With 4 Bass Clarinets
■youtube

https://www.youtube.com/watch?v=qI6XbX1vbgQ


■niconico

http://www.nicovideo.jp/watch/sm32481653

(ここから先は糸と一緒)
せっかく録音用のマイクを買ったので、

今の自分でどれだけできるかを試すために2曲(ホントはもう1曲あったけど時間切れで収録できなかった)収録してみました。収録のときは結構取り直しがあったけれどまぁ最終的になんとかなるっしょ、と思ってたら、、蓋を開けるとまーそれは苦労しましたw巷の動画を出している人はものすごいなぁと思いました(語彙力)。

あと画面分割にはAdobe Premiere Elementを使ったのですが、まぁMacBookAirだと重いコト重いコト・・・(iPhoneSEで撮ったけれど、少なくとも自分が満足できるくらいの画質はあった)
4分割の元データのままだと全く動かなかったので一旦MOVファイルをmp4にダウンサイズして作り直してます。環境いい人うらやましい。。

こうして演奏面を振り返ると、変に力が入ってしまっている所は演奏もすこしチグハグになっているっていうのがありありと見えてしまいますねw動画編集していると自分の拙さに直面しないといけないなぁ、というのを実感しました。

以上、振り返りおしまいです。
なんにせよ面白い経験だったし、なにより自分の演奏を強制的に振り返るって意味でも、創作意欲が湧けばまたやりたいですね。いやーつかれたw












































インフィニティの新しい動画ができました!
NintendoSwitchソフト「スーパーマリオオデッセイ」の主題歌、「Jump Up, Super Star!」のクラ8重奏です。
久しぶりにマリオにドハマりしておりまして、思わず筆が乗って編曲しました。
演奏してくれたメンバーと編集してくれたしばさん、あざっす!

Jump Up, Super Star!(Super Mario Odyssey Theme)
Comp.Kubo Naoto / Arr.Amakawa Iori
演奏:Ensemble Infinity
収録日:2017年11月25日


■Youtube

https://youtu.be/13ONLWo6y6E

■ニコ動

http://www.nicovideo.jp/watch/sm32325029


今回はジャズ・ボーカルの曲だったということもあり、通常のクラアンサンブルのパート割とは違って、画面向かって左側にVocal1,2,3、右側にBand1,2,3、そして中央にBass1,2と配置しました。全体として、楽譜に書いていないいろんなおまけを入れてもらってます。インフィニティはやはり変態(褒め言葉)

まずはVocalパート。サビも2和音の曲だったので、オクターブ上下で厚みを深めるために更にAltoも足してBb,Bb,Altoの3パートで構成。vocal部分はかなり遊んでもらっています。色んな人の遊びのアイデアが入ってるのとしばさんがイケイケなのが超嬉しい。新メンバーのなおさんにも加入前に無茶振りw

つぎにBandパート。Eb/Bb/Bassの3パート。
Band1,2はTpとAlto/Tenor、Band3はTbとTenor/Bari
の要素が入ってます。急に音を出して引っ込めたり、あと、コインとジャンプもこのパートです。本当にむちゃな要求をしました。みちよさんとゆうサーセンwコイン感すごい!

Band.3が今回一番こだわってます。というのも、ジャズクラ編バッキングがぬるく感じることが多い。「低音がいないからでは?」という仮説はその時からありました。なのであえてAltoではなくBassにして、重厚にしてます。インフィニティは楽器のユートピアなので全然いけるw

最後にBassパート。地を這うBassセクションが恋しかったのでBass/CAの2パート。ここらへんは従来のいろんな編曲を踏襲。Bass1ははらさんの遊び。Bass2はだいさんの縁の下の力持ち。楽譜よりもステキな演奏になってます。これをもとに楽譜書き直そうかなw

今回誉められて嬉しかったのが配置。
・VocalとBandを対比したい
・ドンキーコングの部分を内側4人で始めたい
の2点から、Bass中央、Vocal、Bandを左右に置いたんですが、2分という短い曲のなかで役割をはっきり分けたのでメリハリが出ました。応用ができそう。

あと衣装!ゆうが帽子を8つ準備してくれました。マリオだから帽子というのはもちろんですが、マリオオデッセイにおいて帽子は最重要キーワードです。帽子をかぶったメンバーにマリオ達が乗り移って演奏する、というシチュエーションにできたのがよかった。30分かかったサムネ画像も大満足w

というわけで、振り返りは以上です!いろんなお願いごとや製作を進めてくれたインフィニティメンバーには感謝です。いいものができてよかった!

↑このページのトップヘ