あまかわアーカイブ

マルチリード楽器芸人/バスクラリネット/まちシステムエンジニア/Code for Gifu/Shirakawa

音楽」カテゴリ:収録動画(Youtube/Niconico)のアーカイブ
まちSE」カテゴリ:CodeFor関係の活動のアーカイブ
白川町」カテゴリ:岐阜県加茂郡白川町での活動のアーカイブ

カテゴリ: まちSE

きっかけは、昨日参加したアーバンデータチャレンジ2016 in 岐阜
参加者・主催者の皆様とお話をさせていただき、市民協働、シビックテックの分野で活動するCode for GIFU、Code for Japanの活動に一気に共感したところからでした。
Code for GIFU
Code for Japan 

プログラミング教室やパソコン教室、取り組もうとしているオープンデータ。個人だけでなく、共感できる仲間と盛り上がれたら。お話を聞いて自分も参加したいと思い、その場で即、Code for GIFUにジョインすることを決定。

そして、こういうのはスピードが大事、ということで。

Code for SHIRAKAWA(仮) をはじめます。
CODE4Shirakawa仮

CODE for とは・・・(Code for Japan公式サイトより)
市民参加型のコミュニティ運営を通じて、地域の課題を解決するためのアイディアを考え、
テクノロジーを活用して公共サービスの開発や運営を支援していく非営利団体。

CODE for GIFUを上位レイヤとする団体です。
岐阜県は非常に土地柄がある土地。
超地域特化で問題を見つけ、課題解決・プロダクトづくりまで一貫して楽しんで作れるチームが作れたら、面白いのでは?
そんな仮説のもと、ゆるく、やさしく、おもしろく動いていけたらと考えています。

どのような団体になるかは順次お知らせさせていただきますが、
取り急ぎのご連絡まで。 

ご興味をお持ちになっていただけた方は、下記のどの宛先でも良いので、ご連絡をいただければと思います。初期立ち上げ、やってみたいこと、なんでもOKです!
天川伊織
Tel : 080-4164-7868
Mail : amakawa.iori@gmail.com
Twitter : iori_0427
Facebook : iori.amakawa

地域おこしの仕事をしていたある日。
「そういや、GoogleChromeのこの機能使ったことある?便利だから使ってみてー」
「天川さんってホントGoogle大好きですよね回し者ですか?
「ぐぬぬ」

ええ、仰るとおりでGoogle大好きですとも。
というわけで、普段自分がどれだけGoogleの恩恵を得ているか、改めて検証してみることにしました。
キャプチャ取った時点でかなりの個数になっており、既に唖然としてます・・。

まずはアカウント管理。天川はプライベートで1つ、仕事/連絡用メールアドレスに1つ、地域おこし全体で1つ、合計3つのアカウントで運営しています。仕事からプライベートまで、完璧に網羅。

ブラウザはGoogle Chromeを使用しています。
googlechrome
アカウントを統一しておけば、ブックマークをデバイス間で統一できる仕組み。
仕事で使っているWindows、プライベートで使っているMac、iPhoneは全てGoogleChromeです。
インターネットはどこでもGoogle!

そして当然のように、検索にはGoogleを使用しています。
google検索
お前は今まで食べたパンの数を覚えているか」ってくらい毎日使っています。使わない日はありません。

メールはGMail。天川は特にInbox by GMailを使っています。メールを勝手にカテゴライズしてくれるので、仕分けがラク。GMailだからブラウザを問わず見れる。もうキャリアの携帯には戻れない。。
Inbox by Gmail

スケジュール管理はGoogleカレンダー。プライベート・仕事用と多岐に分かれて使っています。
googleカレンダー
協力隊でアカウントを共有しているので、スケジュール共有一切不要。超楽です。
もう紙のスケジュール帳に戻れる気がしない、、

 道案内にはGoogleマップ。場所のお気に入りも登録しているので、どんなところへ行くのもGoogleMapに頼りっきりです。
googlemap
パソコンで調べた結果を自動的にiPhoneでも見れるようになっていたり、"タイムライン機能"で自分のライフログを保存できたり。単なる道案内に限らず、バンバン使っています。

今まさにキーボードで日本語を入力していますが、Googleの日本語入力を使用中。
google日本語入力
漢字の予想変換が自分の感覚とだいぶ合っており、かなり使いやすい印象。

写真管理にはGoogleフォト。一定値以下の解像度であれば、無制限でクラウド上に写真を保存できる仕組み。
googleフォト
単純に画像を保存するだけでなく、日時や場所からの検索も容易にできるスグレモノ。
「川」とか「子供」とかでも検索できるので、かなり助かっています。

アンケートをさくっと取りたい時には、Googleフォーム。Googleドライブで使える形式のひとつですね。
googleフォーム
共同でエクセルファイルや文書ファイルを編集したい時には、GoogleスプレッドシートやGoogleスライドもかなり使えます。仕事の中で、全く場所を選ばなくなりました。

自分が運営しているWebサイトのアクセス数を知りたいときはGoogleアナリティクスGoogleウェブマスターツール。検索サイトの流入数や、検索ワード、流入元も調べることができます。もう完敗です

###
いざ、調べてみるととんでもない数になってしまいましたね。。
ブラウザ、メール、スケジュール、写真、文書、キーボード。PCの世界に触れるときには必ずGoogleに触れるといっても過言ではなくなっています。

そしてオソロシイことに、使いやすいうえに全部無の範囲でやりきれてしまいます。
自分が子供の頃でも、ここまで使いやすいとは思っていませんでした。
見方によっては「Googleに支配されてる」という意見を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、逆にここまで便利で、無料なツールはなかなかありません。このサービスを引き続き維持してもらうためにも、これからもどんどん使っていこうと思います。

ホント、お世話になっていることがわかりました。 

ここは岐阜県加茂郡白川町。
町内に、仕事で引っ越してきたエンジニアの青年がいた。

「うーん...」
目の前にはコンビニ弁当。どうやら食生活について悩んでいるようだ。
「白川町にはコンビニの種類も少ない、スーパーのお弁当とコンビニ弁当だと飽きてきちゃったな。。」

そこに突然白煙が!ホワワワワン。
「ホッホッホッ。わたしは食事DIYの神」
「なにこの雑な登場」
「きみはコンビニやスーパーのお弁当ばかりで食事に困っているようだね。ヴァリエーションが無いと」
「は、はい。。(やたら発音いいなこの人)」
「そこで、わたしが呼ばれた。わたしは食事DIYの神。時間が無い君に食事DIYのコツを伝授しよう」
「え?食事DIYって要するに自炊ですよね?意識高すぎませんかね?
「そうしないとブログにエッジが立たんじゃろ?目立ってチヤホヤされたいのじゃよ儂は」
「言い切っちゃったよ」

「本題に入ろう。君は高専で下宿生活もしていた。なぜ食事DIYをやめてしまったのかね?」
「うーん、、、もう下宿の時からなんですけど、1人分作るのって大変なんですよ」
「もう少し、詳しく教えてくれるかね?」
「はい。地元のスーパーの野菜は量が多いです。1人分なんて都合よく売ってません。野菜や玉子は早めに料理したいので、できる限り使いきってしまいたいんです。でもおかずは種類が欲しいので」
「1回に3つくらい一気に料理を作ってしまう。そうすると、量が多くなる。3日間同じ料理を食べてしまう
「その通りです。だんだん同じ料理を食べるのに飽きてしまって、作ることそのものが面倒になってしまいました
「君は最近太ったよね?」
同じ料理を食べ続けるのが嫌で、食べる量が増えたからですね
「なるほど。それならば、、」
食事DIYの神はSurface Pro3を取り出して一枚の絵を出した。
「ずいぶんと現代的な神だな」
「八百万もいるんだし、これくらいニッチな神がいてもいいだろう。君はエンジニアだからこっちの方が話が早いと思ってね」
「確かにこっちの方がありがたいけど、神の設定ガバガバすぎませんか」

見せられたのは、一枚の絵。
おかずパイプライン
「これは?」
「君の料理の仕方には、一番合っていると思う。"おかずパイプライン"じゃ」
「確かにパイプライン処理みたいな図になっている...」
「君はお弁当は作らず、昼は外食やコンビニでおにぎり・パンを買っている。そこは目をつぶるとして、今は夜の食事のヴァリエーションを如何に変えていくか、ということを解決する方法として提案する」
「は、はい。。(俺のプライベートだだもれやん。。)」
「"おかずパイプライン"のポイントは3つだ。"作り置き"、"毎日、少しずつ作る"、"食べる種類をちょっとずつ変える"」
"作り置き"、"毎日、少しずつ作る"、"食べる種類をちょっとずつ変える"
「そう、順番に説明する。君は料理を作りすぎ、そして、一気に食べてしまう。逆に考えればいいんだ。"一気に作って作り置きしちゃえばいいさ"、と。君の住んでいるスーパーには100均で耐熱のプラスチックケースがあるだろう。それを5,6個買うんだ。そしてどんどん作ったものを入れて冷蔵庫に入れておく。大切なのは常備菜を作っておく、ということ。これが最初のポイント"作り置き"じゃ」
「確かに、どれも冷蔵庫に入れておけば数日は日持ちしそうですね」
「冷蔵庫に入れておけば多少日が過ぎても君のお腹なら大丈夫じゃろ」
「そうですけど、ストレートすぎませんかね」
「そして次がパイプラインの肝である。"毎日、少しずつ作る"じゃ」
「(聞いてねぇ、、)」
「2日目は玉ねぎサラダ、3日目はキノコ炒め。順番に作っていく。もちろん初日は大変じゃが、そこから先は手間は1/3になる。なんせ作る品目が1品になるから当然じゃな。1日1品なら、そこまで手間ではないじゃろう?」
「確かに」
「そして最後のポイント"食べる種類をちょっとずつ変える"。毎日、常備菜の種類を変えるのじゃ。そうすれば、食事のバリエーションを変えることができる」
「でも結局味に飽きませんかね?」
「ふむ、、それでも飽きた場合は、例えばこうすればどうじゃ?」

食事DIYの神は図を書き換えた。
おかずパイプライン2
「変えたのは4日目じゃ。キノコ炒めを加えて丼にした。常備菜が多いと、組み合わせで新しい味を出すのも容易になる」
「確かにこれなら飽きはこないですね」
「白川町には道の駅に併設している地元野菜の産直市場”野菜村チャオ"もある。君の住んでいる場所ならスーパーと同じ距離くらいにあるだろう?野菜のバリエーションなら豊富にあるはずだ。調理方法と組み合わせれば料理の種類は無限。工夫次第で、絶対に飽きがこないはずじゃ」
「急にローカルな話になりましたね」
「一応地域おこし協力隊のブログじゃからな。白川町のことも混ぜないと」
「露骨すぎやしませんかね・・・」
大切なことは続けること。そして、自分の考え方に合った食事DIYの形を続けることじゃ。面白い方法はまだまだある」
食事DIYの神は青年のiPhoneを高速でいじりはじめた。
「え、ちょ」
「君に食事DIYの幸運を!ではさらばじゃ」
再び白煙が。ホワワワワン!
「消え方も雑過ぎる」

残されたのは青年のiPhone。そこにはクックパッドが起動されていた。
幸運は訪れない。自分で掴みに行くしか無いのだ。
「なにこの終わり方」

===
マツオカ 白川店
http://www.cosmomatsuoka.com/shisetsu.php?eid=00030

野菜村チャオ
http://www.shirakawa-chao.com/

クックパッド
http://cookpad.com/ 

天川は今までお仕事・プライベート問わず、スマホやインターネットで使える色んなツールを使ってきました。
遠隔地で何かしらのコミュニケーションを取るためにはどれも便利なものばかり!
ひょっとしたら便利かも?と思い、棚卸ししてみます。よろしければぜひ!
場所が離れてもコミュニケーション! 
地方でも絶対に使える遠隔ツール一覧(全て無料)

コミュニケーション編

LINE

ド定番。普段のチャットとしてはもちろん、グループ内での緊急連絡としても使っていました。
(Facebookグループで議論するまでもないことはLINEで話すこともあり)
最近はLINEスケジュールやノート機能など、LINEグループだけでかなり運営がやりやすくなった印象。
ただ、どんどん情報が流れてしまうので、せっかくの出欠確認とかが忘れられることも多々。。
LINE公式:http://line.me/ja/

Facebookメッセンジャー/Facebookグループ

LINEと同じくらいの頻度で使っています。
LINEもそうなんですが、”使い方は説明不要”がどれだけありがたいか。
Facebookで友達になっておけば、後々でいくらでもコミュニケーションを取れる。
地域おこし的な繋がりの人はメールやLINEよりも、断然Facebookメッセンジャーで連絡を取ることが多いです。
Facebookグループの投稿は完全にスレッド管理なので、どの議論が走っているのかが簡に確認できて便利。

らくらく連絡網

昔から使っている無料のメーリングリスト。
読了確認、出欠、アンケート、掲示板、全て揃っている便利な子。
連絡が"全てメール"でできるのも魅力。
会員登録を一回しておけば、他の団体で新たに追加登録できるのも便利。
らくらく連絡網:http://www.ra9.jp/

サイボウズLive

今所属しているアンサンブルで運営中。Webベースでのコミュニケーションツール。
単純な連絡管理だけでなく、ファイル貼り付けやチャット機能、ToDoリストも備えている。スケジュール管理もできる。オールインワン。
最近使い始めたばかりのツールですが、かなり使い勝手が良く、惚れそうw
・階層別・50音順に掲示板トピックが整理されているのが素敵。日付順とかで整理するとむっちゃ見やすくなりそう
・ファイル保存も素敵。1Gしか保存容量ないけどコメント内で表示ができる
・ToDoリストも階層で管理できる
・iCal形式での出力ができる。つまり、スケジュールをGoogleカレンダーで同期可能。同期頻度は1~2日に1回程度
・iPhoneアプリは少し前のバージョンでのインタフェースが使われており、正直使いづらい。。
・大人数ではなく、10人以下、4~5人以上の小規模チームで効力を発揮する。
サイボウズLive:https://live.cybozu.co.jp/

チャットワーク

一回だけ組織で短期的なスケジュールでの使ったことがあります。スケジュール機能はない。
トピックでの管理、ToDoリスト、テレビ会議、ファイル共有などこちらもオールインワンの機能。
サイボウズLiveもそうですが、日本語でのインタフェースというだけでハードルはかなり下がります。
しかし、LINEやFacebookグループ、単純なメーリングリストと比べるとサイボウズLiveやチャットワークの新規導入コストは大きいですね。
チャットワーク:http://www.chatwork.com/ja/

Slack

海外のツール。チャットベースでのコミュニケーションツール。
botなどの組み合わせで、人間以外の情報もスレッドに流し込めるのはかなり便利。
今現在、個人的にはTwitterのエゴサーチやGoogleカレンダー/Twitterの更新確認などに使用中。

スケジュール編

Googleカレンダー

吹奏楽団の予定管理、地域おこし協力隊の予定共有、、など、多岐に渡ってかなり便利に使っています。
・アドレスを連絡すれば、他の人も閲覧できる
・Webサイトに埋め込めば、それだけで団体の予定として管理できる
・Googleアカウントを共有すれば他の人でも編集可能。

伝助

老舗のサービス。会員登録不要。
個別のアドレスを設定して、インターネット上で出欠確認ができる。
数の多い出欠を取りたいけど、わざわざ会員登録するのが面倒な会の出欠を取るのに重宝しました。
具体的には同窓会。

その他、クラウドストレージや便利なツール群

Googleドライブ

Googleはインターネットで共有できるクラウドストレージ機能「Gooogleドライブ」があります。
中でも力を発揮するのが、共有資料。
スプレッドシートやプレゼンテーションなど、遠隔・共同で作成しなければいけないときは本当に便利。
誰が編集を入れたのか?他の人の作業状態はどうか?わざわざ口頭で確認する必要も無くなります。
Googleフォームなど、簡単にアンケートを回答してくれる機能もあり、かなり便利です。

Dropbox

オンラインでのファイルストレージ。Googleドライブもそうですが、Windows/Macbookのデスクトップアプリもあります。
天川は仕事の都合上、職場・自宅・外出先問わず作業をすることが多いです。
インターネット上でファイル同期を取ってくれるのは本当に便利!
コーディングや文書作成を自宅→職場→外出先→職場→自宅と場所を変えながらやりまくれるのは本当にありがたい。生活が激変しました。

Evernote

オンラインでのメモアプリ。高校生の頃から既に使っていたので、天川としてはもう10年選手。
Windows/Macbook/スマホでそれぞれインストールしていて、どこでもすぐに作業を再開できるという点で無敵です。
単純な文書作成においては無敵ですね。

Trello

ToDo管理をカード形式で管理。チームだけでなく、個人としても運用○。
更新されたタスクの情報はタイムラインに流れてくるので確認はラク。
TrelloとSlackを連携させてあるので、"タスク終わったよ!"という連絡がSlack上に流れてくるのもかなり便利。

終わりに

ひとまず思いつくもの全て列挙しました。コミュニケーションの助けになれば幸いです。
けれど、インターネット上でのコミュニケーションにはやっぱり限界があります。
なんでもかんでもテキスト上で済まそうと思うと逆にものすごく労力がかかったり、言葉の受け取り方の違いで誤解されたりすることも。でもそれは一長一短なだけで、その都度絶対にいいものもあるはず。便利な道具はあくまで便利な道具。不便だったところを解消するために、みんなでじゃんじゃん使ってみましょう!

身近な竹が、素敵なイルミネーションに大変身!竹あかり製作体験ワークショップの様子を写真に収めました。

人が集まる前。秘密基地みたいな感じが素敵です。
2016-03-23-18-51-51
せっかくなのでミュージックの準備も。音楽に合わせて光るガジェット!パーティーピーポー仕様。
2016-03-23-18-51-58
集まりはじめました。各自、好きな竹を選んで、、
2016-03-23-19-54-00
ひたすら、ドリルで穴を空ける!
2016-03-23-18-52-16
そうすると、素敵な竹あかりに!(写真撮りそこねたので前回の写真を)
2016-03-06-16-20-54
そして副産物として、ものすごく目の細かい竹チップが!作物や園芸に使えます。

竹の魅力は、どこまでも使えること!大きくて形の良い物は加工品や竹あかり。細かくて使えなくてもチップにしてしまえば使い道は更に広がります。そして何より、食べると美味しい!
そんな竹の魅力を活かせるワークショップは明日も開催しますので、よろしければご参加くださいねー!

■竹あかり製作体験ワークショップ2 3/26
https://www.facebook.com/events/883482055095082/

↑このページのトップヘ