あまかわアーカイブ

マルチリード楽器芸人/バスクラリネット奏者/まちシステムエンジニア
ご来場いただきありがとうございます。
楽器関係は「音楽」カテゴリにまとめています。
まちシステムエンジニア関係は「まちSE」カテゴリにまとめています。
白川町関連の記事は「白川町」カテゴリにまとめています。

タグ:クラリネット

インフィニティの新しい動画ができました!
NintendoSwitchソフト「スーパーマリオオデッセイ」の主題歌、「Jump Up, Super Star!」のクラ8重奏です。
久しぶりにマリオにドハマりしておりまして、思わず筆が乗って編曲しました。
演奏してくれたメンバーと編集してくれたしばさん、あざっす!

Jump Up, Super Star!(Super Mario Odyssey Theme)
Comp.Kubo Naoto / Arr.Amakawa Iori
演奏:Ensemble Infinity
収録日:2017年11月25日


■Youtube

https://youtu.be/13ONLWo6y6E

■ニコ動

http://www.nicovideo.jp/watch/sm32325029


今回はジャズ・ボーカルの曲だったということもあり、通常のクラアンサンブルのパート割とは違って、画面向かって左側にVocal1,2,3、右側にBand1,2,3、そして中央にBass1,2と配置しました。全体として、楽譜に書いていないいろんなおまけを入れてもらってます。インフィニティはやはり変態(褒め言葉)

まずはVocalパート。サビも2和音の曲だったので、オクターブ上下で厚みを深めるために更にAltoも足してBb,Bb,Altoの3パートで構成。vocal部分はかなり遊んでもらっています。色んな人の遊びのアイデアが入ってるのとしばさんがイケイケなのが超嬉しい。新メンバーのなおさんにも加入前に無茶振りw

つぎにBandパート。Eb/Bb/Bassの3パート。
Band1,2はTpとAlto/Tenor、Band3はTbとTenor/Bari
の要素が入ってます。急に音を出して引っ込めたり、あと、コインとジャンプもこのパートです。本当にむちゃな要求をしました。みちよさんとゆうサーセンwコイン感すごい!

Band.3が今回一番こだわってます。というのも、ジャズクラ編バッキングがぬるく感じることが多い。「低音がいないからでは?」という仮説はその時からありました。なのであえてAltoではなくBassにして、重厚にしてます。インフィニティは楽器のユートピアなので全然いけるw

最後にBassパート。地を這うBassセクションが恋しかったのでBass/CAの2パート。ここらへんは従来のいろんな編曲を踏襲。Bass1ははらさんの遊び。Bass2はだいさんの縁の下の力持ち。楽譜よりもステキな演奏になってます。これをもとに楽譜書き直そうかなw

今回誉められて嬉しかったのが配置。
・VocalとBandを対比したい
・ドンキーコングの部分を内側4人で始めたい
の2点から、Bass中央、Vocal、Bandを左右に置いたんですが、2分という短い曲のなかで役割をはっきり分けたのでメリハリが出ました。応用ができそう。

あと衣装!ゆうが帽子を8つ準備してくれました。マリオだから帽子というのはもちろんですが、マリオオデッセイにおいて帽子は最重要キーワードです。帽子をかぶったメンバーにマリオ達が乗り移って演奏する、というシチュエーションにできたのがよかった。30分かかったサムネ画像も大満足w

というわけで、振り返りは以上です!いろんなお願いごとや製作を進めてくれたインフィニティメンバーには感謝です。いいものができてよかった!

データ

日時    :2016/5/13(金) 20:00-22:00
セッティング:バスクラ→プリヴィレッジ、木霊II、リコグラコン3、永松オメガ(変更なし)
基礎練   :無し
曲練    :イーストコースト、魔女宅、ご長寿メドレー

ひとこと

ほんとうは45分くらいフルートの個人練習をしたかったけど、場所の都合でほぼ個人練習できず。。
楽器は吹く回数を増やさないと音が出ないことを実感。持ち替えの案件もひょっとしたら出るかもしれないので、タイミングを見てコツコツと練習を積み重ねないとなぁ、と思った次第。
更には、フルートを吹いた後だとバスクラの雑音が増えることも判明。お互い、変に力が入りすぎているのだろうか。昔に比べてどうしても変に力を入れすぎて吹く感覚がどうしても抜けない。これにはやっぱり練習が必要。コツをもう一度取り戻すくらいには、練習する必要があるなぁ、と。楽器の調整も出したいし。。短い時間だったけど、持ち替えプレイヤーの難しさを再発見した練習でした。
土曜日は去年まで中学で教えていた子が、高校に上がってクラリネットを購入することになり、楽器試奏にお付き合い。1本ずつしか無かったけどYCL-450もR-13もかなりよく鳴る良い楽器でした。「気に入った!」と言って買えたのが良かった良かった。というかYCL-450のレベルで10万だったら、学生時代のときにこれを買えばよかったなぁ、と後悔笑昔の情報力のなさを思い知らされる。。今も昔も、楽器は立ち寄った楽器店で勢いで買ってしまうのがほとんどだしきっとこれからもそうなると思う。楽器って巡り合いが大事なんだろうな。これからもそういう楽器に巡りあって、タイミングが合って購入できるといいな。

ツイート






データ

日時    :2016/4/16(土) 10:00-11:30
セッティング:並クラ→E11、V40、リコレゼルヴ3+
       フルート→SANKYOシルバーソニック
基礎練   :基礎合奏。皆で半音スケール
曲練    :2億4千万の瞳

ひとこと

地域指導員のお仕事、中学校へ演奏指導(というか一緒に吹く)。フルートの子を見ました。
しかし、人に教えるのはやっぱり難しい。。自分では頭で完全に分かっていることを相手が分かる言葉に変換するのが難しいし、そしてそれを相手が実行できるかどうかもまた課題。まだまだ先が長い印象

ツイート


↑このページのトップヘ